機能性に富んだカーナビ│安全性も確保する

車の模型

車の維持にかかる費用

男性作業員

自動車を持ち始めた人は、自動車の維持にかかる費用を知っておくことが大切です。自動車はガソリン代の他にも、自動車税を毎年納付する必要があります。自動車税は、軽自動車や普通乗用車といった車種によって金額は異なります。また、都道府県によっても金額は違うので、自分の自動車にかかる税金の金額を把握しておくと良いでしょう。車検も法律で義務付けられている重要な項目です。自動車を新車で購入した場合は、納車日から3年それ以降は2年ごとに受けることが義務付けられています。自動車の状態を定期的に検査することによって、安全性の確保に繋がるのです。もし、車検期間を過ぎた自動車を運転した場合、免許停止90日の対象になるので車検は確実に行なうようにしましょう。車検にかかる費用は自動車の状態によって変わります。パーツ交換や修理が必要な個所がでた場合は、検査料金に上乗せされるので正確な定価というものが存在しないのです。パーツ交換・修理箇所が無い場合でも、重量税や自賠責保険料・印紙代を支払う必要があるため、4~6万円程度の費用はかかってしまいます。車検を行なう際は、検査前に必要となる書類を揃えておくことも大切です。車検証・自動車損害賠償責任保険証明書・自動車納税証明書といった書類が1つでも揃っていないと、車検を受けることはできません。事前に1つ1つの確認を忘れないようにしてください。自動車を維持するためには様々な費用がかかりますが、安全快適にドライブをするためにも大切な作業なのです。